So-net無料ブログ作成
検索選択

ナルト ネタバレ 606 確定 マンガパンダ

[スポンサードリンク]



ナルト ネタバレ 606 確定 『夢の世界』

オビトが助けに駆け付けた時、リンの胸がカカシの手刀に突きぬかれ倒れるところだった。

うちはマダラの言葉がオビトの心に響く。
「長く生きれば生きるほど、現実は苦しみと痛みと空しさだけと気付く、この世の光には影があり因果で結ばれ切り離すことが出来ない 本来は・・・」

息絶えたリンの亡きがらを抱きながらオビトは「もう一度君の居る世界を創ろう」そう言葉と涙を流す。

オビトはこの世の因果を断ち切るためにうちはマダラの所へ戻る。

オビト「オレに夢の世界の創り方を教えてくれ」

マダラの幻術の中でオビトは説明を聞く。

マダラ「幻術でイメージ通りの世界を創造しそこに全ての人を幻術にかけて連れてくるだけだ この術の規模を眼の代わりに月を使って大きくした世界」

そして、オビトは六道仙人、十尾のことを聞き、計画の詳細も聞いていく。

その中で、長門にマダラの輪廻眼が幼少のころに気づかれない様に移植されていることを聞く。

長門は千住の血統で外道魔像をマダラ以外で唯一、口寄せできる人物であると。

そして、マダラが輪廻眼を手に入れたのは千住柱間の細胞を自分に移植した効果だったと。

輪廻眼を手に入れたことにより封印石(月)から十尾の抜け殻(外道魔像)を口寄せすることになったと。

マダラの計画通りに動き始めたオビトはマダラと名乗り長門に接触する。

以上でナルト ネタバレ 606 確定 『夢の世界』でした。ナルト607話を入手しましたらナルト ネタバレ 607話確定情報を記載予定です。






共通テーマ:アニメ
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。