So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ

長谷川博己 雲の階段 感想 [ドラマ]

長谷川博己 雲の階段 感想

家政婦のミタで注目を浴びた長谷川博己さん演じる相川三郎が偽医者として仕立てられていく。

本物の医者じゃないからこそやさしさを持っていて患者さんからも慕われる長谷川博己さん。

震災の時もありましたよね。医者にあこがれてニセ医者をやっていて、やさしくて患者さんから慕われていたとか。

高圧的な医者って多いですからね。

渡辺淳一さん原作のドラマ雲の階段の三郎は自分から医者になろうとしたわけではないですが。

感がよくて知識欲もあり医者の技術をすごく吸収してく長谷川博己さんですが、結末はどのようになるでしょうか。

なんか、良い終わり方ではなさそうですね。雲の階段って。

不幸な終わり方をしそうな感じがするんですが、どうでしょう。

一番必要が無いものが自分の意志だって長谷川博己さんが雲の階段のなかで言っています。

それにしても雲の階段の一話目でニセ医者の長谷川博己さんが患者さんの体にメスを入れ血だらけになりながらオペをしているのは怖かったですね。

稲森いずみさん演じる鈴木 明子と木村文乃演じる田坂 亜希子のどちらとどのようになっていくんでしょうか。

久しぶりに私の中では当たりのドラマです。雲の階段は。これからも楽しみですね。以上、雲の階段の感想でした。

共通テーマ:芸能

泣くな、はらちゃん 私の世界 歌詞とマキヒロ [ドラマ]

日テレのドラマ 「泣くな、はらちゃん」おもしろいですね。
長瀬智也さんも考えたというはらちゃんの三枚目役が笑えていいですね。

主題歌のTOKIOのリリックもいいですけれど、挿入歌の「私の世界」もいいですね。
歌や歌詞をいいなと思う人が多くて検索されているんでしょうね。

下に引用させてもらいました。
「私の世界」 作詞:岡田恵和 作曲・編曲:井上鑑 世界じゅうの敵に降参さ 戦う意思はない 世界じゅうの人の幸せを 祈ります 世界の誰の邪魔もしません 静かにしてます 世界の中の小さな場所だけ あればいい おかしいですか? 人はそれぞれ違うでしょ? でしょでしょ? だからお願いかかわらないで そっとしといてくださいな だからお願いかかわらないで 私のことはほっといて


「泣くな、はらちゃん」は原作もないオリジナルドラマですし、自分が書いた漫画の中から出てきた男性と恋をするっていう設定ですからどのような展開になりエンディングを迎えるか想像が付かず次が見たくなりますね。

長瀬智也さん演じるはらちゃんと麻生久美子さん演じる越前さんとの恋だけでなく、忽那汐里さん演じる紺野 清美の想いもどうなるか気になりますね。

関ジャニ∞の丸山隆平さん演じる田中くんへ向かうのか、それとも、賀来賢人さん演じる漫画から出てきたマキヒロとの両想いが報われるのか気になります。

ひどいもんです。田中君は紺野 清美の気持ちに気づかずに怖いからって裏で悪魔なんて呼んでいるなんて、そりゃあ漫画から出てきたマキヒロに持って行かれますよ。

このマキヒロ役の賀来賢人さんって今、人気で夢中な女性が多いそうですね。

賀来賢人さんのことまとめてあるページです。

共通テーマ:芸能
ドラマ ブログトップ
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。